ツクリモノJr.

自分らしく、人らしく。

柔整師という仕事の話。

ストレッチの話。(理論編3)

以前、筋収縮のメカニズムやストレッチの必要性などについて簡単に書きました。 今回はストレッチの種類についてのお話です。 ストレッチには大きく分けると静的ストレッチと動的ストレッチの2つがあり、それぞれ狙いが異なります。 ただ単に伸ばせばいいっ…

内反捻挫の話。

外岩で起こる怪我の多くは"足関節の内反捻挫"です。 外岩でのボルダリングは、マットが引き詰められたジムとは違い、いくつかのクラッシュパッドが並べられた所に着地します。 また下地は斜面になってたり、岩が飛び出していたりと決して平面ばかりでは有り…

TFCCの話。

TFCC損傷は内側上顆炎に次いで相談が多かった怪我です。 そもそもTFCCとは、三角線維軟骨複合体のことを指し、手関節の尺側(小指側)にある軟骨(三角線維軟骨)や靭帯(尺側側副靭帯、掌・背橈尺靭帯)などを含みます。 その役割として、手首の尺側の衝撃を吸収…

ボルダリングによる怪我の話。

仕事柄、クライミングジムの方々から怪我についての様々な相談を受けます。 その中でも一番多いのが内側上顆炎です。 内側上顆炎とは別名ゴルフ肘と呼ばれています。 症状としては手首を曲げる、他動的に手首を伸ばす時に肘の内側部分に疼痛が生じます。患部…

ストレッチの話。(理論編2)

前回、筋収縮についてとストレッチの役割について書かせてもらいました。 今回は筋肉を伸ばす方法についてです。 この事を理解していればある程度セルフストレッチができるはずです。 身体の動きはざっくり分けて以下のものがあります。 ・屈曲-伸展 ex)肘を…

ストレッチの話。(理論編)

ストレッチとは簡単に言えば、緊張している筋繊維を弛緩させることを指します。そもそも筋肉の収縮は、大脳皮質運動野からの指令や神経伝達物質のアセチルコリン、筋小胞体によるカルシウムイオンの排出など様々な働きによりアクチンフィラメントがミオシン…

柔整師という仕事の話。

柔道整復師の資格を取得して数年とまだまだ経験の浅い私です。学生時代と資格取得後を含めいくつかの接骨院、整骨院、整形外科などで働いてまいりました。資格取得に向けてのこと、外傷についてのことなど私が得た経験を綴っていきます。初心忘れべからずっ…